続・たまに(以下略


タイトルすら省略する

最低男のお時間でござりまする


えーと、どこまで書いたかな?(←自分の記事読め)

艶消しを吹いたトコですね

えっと、コレはですね

実は有り得ないくらいのタブーをやっとります


具体的には『艶消しをカブるように』遠巻きから
湿度の高い日に吹き付ける

とゆー、もう何の必要があるのか解らないやり方を敢えてやりました。

えーと、意味不明ですかね?

まあ、取り敢えず先へドンドン行きましょうか…誰も興味ないでしょうけど

乾いたら
エナメルの
フラッとブラック、フラッとブラウン、バフ、明灰白色とかを
適当~に混ぜたヤツで

雨垂れみたいなのを書いていきます。画像はまた別のモノを緑の時に用意しますね(無いのかよ)


上から下に線を引く感じで

『この辺に垂れてるとイイ感じに、ならない?』くらいで

乾くのを待つ間に
タミヤのエナメル墨入れブラウンを

頭のハッチ?やら足元やらナットの周りとか…
『此処は入れた方がエエやろ?』なトコにだけ入れておきます。

墨と雨垂れ両方乾いたら
ペトロールを筆に含ませて
更にウエスとか、ティッシュとかで
筆を『ギリギリ含んでる状態』にしてやって

墨入れのはみ出しとか、雨垂れの余分なトコを

『拭き取る』よりも
『筆先で突いてまとめていく』感じに… あーもう、説明下手過ぎ。

万が一取れすぎても気にせず。

コレも『気が済むまで』繰り返して大丈夫だと思います。てか実際大丈夫でした。

で、一晩待って
此処で油彩様に出てきて頂いて

・モノクロームチントクール
・ローシェンナ
ランダムに全体に置いていき

乾いてる平筆で擦って伸ばしていきます

何の躊躇も無しに、雨垂れの上とかも気にせずゲシゲシやって
『ありゃ?汚くなりすぎた!』とおもったら

今度はテレピンを
またギリギリ筆に付けて拭き取ったり、雨垂れの周りなんかには

更に寄せていったりとか…

まあ、あのお好きな按配で(笑)

メリハリを付けるのなら
『コッチは強めに。ココは油彩無し』とか
やるとよろしいかと…

コレも気が済んだら
今度はバーントシェンナを
砲頭の付け根とかエンジンまわりとか後頭部の下とかに

ちょんチョンと置いたら
乾いた筆で伸ばして、広がり杉をテレピンで戻してやる感じで


認識帯とエンジン、頭のメカ部には
コバルトブルーとブルーブラックを
ちょこちょこ置いて、伸ばしてぇ~の余分なトコ拭き取りーの

気に入るまで繰り返して

『コレならどう?どうなの?』くらいになったら

コーヒー飲んで一休みして下さいな。

大体汚し飽きたトコロで

鉛筆で足の溶接跡とか
手摺りとかフックとかエンジンの角とかを
擦って

終了~☆彡


てトコです。どうでしょうか?


あ、ちっとも伝わらない?

また緑の時に説明します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハマシ

Author:ハマシ
え?このブログは
ハマシが適当にガンプラ製作記なんかの愚痴を書く日記ですよ!!
いや冗談です。ぼちぼちと・・・何となくチョッとづつ。。。
地味にやらかしていきます。毎日20分くらいしか工作できませんがw
たぶんmixiもやってます。
もちろんリンクはフリーです。つーかしてくださいお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク